坪野鉱泉女性失踪事件

【1996/05/05 坪野鉱泉女性失踪事件】

【読売新聞 北陸支社版 1997年5月4日 17面 富山よみうり】
廃墟に向かった二人失踪 魚津
少女不明から1年(上)
氷見の19歳、「肝試しに」のメッセージ残し
県警 事件、事故の両面捜査
昨年五月五日、「肝試しに行く」と乗用車で家を出た氷見市内の十九歳(当時)の
女性二人が、忽然と姿を消した。
二人は同日深夜、ポケットベルで、「魚津市にいる」といううメッセージを友人に
送った後、連絡が途絶えた。
 魚津市の山中には、「肝試しの場所」として週刊誌ても取り上げられ、暴走族らの
たまり場となっている廃墟と化した元温泉旅館跡があり、
二人はそこに向かっだ可能性が強い。
行方不明となってから、きょう四日で一年が経過する。県警と氷見、魚津署は、
転落など交通事故、さらに事件の両面から捜査してきたが、今のところ手掛かりはない。
【足取り】
行万不明になっているのは、氷見市内の会社員A子さんと元スーパー店員B子さんの二人。
当時いずれも十九歳で、同市内の県立高校同同級生。
これまでの県警、氷見、魚津署の調べによると、二人は、昨年五月五日午後九時ごろ、
家族に「魚津へ肝試しに行く」と告げて、B子さんの車で氷見市を出発した。
途中、やはり若者のたまり場所となっている新湊市の海王丸パークに立ち寄り、
友人に会っている。
さらに同日午後十時過ぎ、二人が乗ったB子さんの車が、富山市と滑川市の市境の
国道八号線を魚津へ向かって走っているのが、確認されている。
 その後二人から、友人のポケットベルに、「今魚津市にいる」というメッセージが
入ったが、ここで消息はばたりと途絶えた。

【たまり場】
「肝試し」「魚津」というキーワードから、二人が向かおうとしたのは、魚津市中心地から
約十キロ入った山間地の同市坪野にある元ホテル坪野跡(敷地約三千三百平方
メートル、八階建て)と見られている。
 元ホテル坪野は、約十三年前に倒産、建物は残っているものの、現在は荒れ放題で、
若者の間では「幽霊が出る」と騒がれ、数年前、週刊誌にも取り上げられた。
このため、週末になると県内、さらに石川、福井、新潟、岐阜県から暴走族らが
集まってくる。地元民からは、治安上、不安視する声が出ている場所だ。

有力な情報もなく
【捜査】
県警と氷見、魚津署は昨年六月下旬と十一月下旬の二回、魚津市内の国道八号線から
同市坪野へ向かう道路を四コースに分け、それぞれ県警ヘリと山岳警備隊を動員、
車が転落しそうな地点を徹底的に捜索した。
厳しい山道もあり、各ガケでは、谷底までロープを使って警察官が下りたりもしたが、
何の手掛かりも得られなかった。
 県警は、二人が載っていたB子さんの車が発見されないことなどから、谷底や湖、海などへの転落の可能性が強いと見ている。
 しかし、二人が向かったとされる場所が暴走族らのたまり場となっていたことなどから、
事件に巻き込まれた可能性も捨てき.れないとして捜査、家族から家出人届を受けた
氷見署では、これまで、二人の友達関係者や家に残っていた所持品を調べるとともに、
十数人の男性の友達からも事情を聞くなどしている。
 二人が今年三月で二十歳になったこともあり、県警では「尋ね人」として、警察署内の
限定付きではあるが、二人の特徴などを示したパンフレットを作り、"準公開捜査"に
踏み切った。しかし、有力情報は今のところない。

元ホテル坪野跡には、今年も四月早々から、福井県など他県も含めた暴走族が
集まり始めた。
敷地を囲んだ有刺鉄線は切られ、八階建ての建物のガラスのほとんどが割られている。
正面玄関など建物の壁は、暴走族の名前などを.示す落書きが、あちこちに書きなぐられ、
無残な姿をさらけ出している。
県警などによると、不明となっている二人の特徴は、A子さんが身長百五十三センチ、
左利きで、八重歯、鼻の横にみずぼうそうの跡がある。当日の服装は、白のブラウス、
黒地に白の縦じまのミニスカート、黒のカジュアルシューズ姿。
 B子さんは、身長百六十七センチ。当時は黒のTシャツにうぐいす色の綿パン、
黒の革靴姿で、髪を茶色に染めていた。
 B子さんの車は、九五年式スバルVIVIO、黒色。ナンバーは、「富山50 そ 14-02」
----------------------------------------------------------------------
【読売新聞 北陸支社版 1997年5月5日 17面 富山よみうり】
−魚津・元ホテル坪野跡−
宙に浮く処理問題
少女不明から1年(下)
犯罪の温床化…恐れる住民 再利用できず解体も暗礁に
 魚津市の山中に「肝試しに行く」と昨年五月五日、乗用車で家を出た氷見市内の
十九歳(当時)の女性二人が行方不明となってから一年が経過しだが、一方で、
二人が同かったと見られる魚津市の元ホテル坪野跡の処理問題が、宙に浮いている。
 二人の失そうを機に、地元では環境や治安悪化の懸念が強まり、施設の取り壊しを求める声が出ているが、その後の利用法に妙案はない。
「提訴も辞さない」という地元の反発に、現所有者は市に寄付を申し出たが、市は
「ビルの取り壊し費用だけでもばかにならない」と二の足を踏んでいる。
かつてはスキー場開発話もあった同地区。暴走族らのたまり場と化した同ホテル跡も、
バブル崩壊のつめ跡として放置されている。

 元ホテル坪野跡は、敷地約三千三百平方メートル。建物は鉄骨八階建てだが、
約十五年前に倒産。経営者は行方不明となり、九〇年十一月、冨山市内の
会社経営者が競売にかけられた同ホテル跡の土地と建物を約三千五百万円で
落札した。
  一九八〇年代後半まで、近くではスキー場建設などのリゾート開発の話もあり、
ある程度、利用価値も見込まれた。

 しかし、バブル崩壊で開発話は頓挫、倒産時から敷地と建物は野ざらし状態が続く。.
 間もなく、深夜に若者たちがたむろするようになり、窓ガラスは無残に割られ、
落書きとガラスの破片で、室内も荒れ放題だ。
 週末ごとに暴走族が押し掛け、深夜、ビルの屋上に上り爆竹や花火を鳴らして
騒ぎ立てるようになった。
 車と猛スピードですれ違ってゆく彼らの車に、地元住民は恐怖感を募らせる。
このほか、自宅に止めていた車が盗まれた、元ホテル跡地にあったお宮が燃やされた、
などの届け出さえある。魚津署桃山公園前交番が検問を実施するなどしているが、
トラブルは後を絶たない。
 元ホテル跡がある魚津市坪野地区(三十四世帯)では昨年八月、地区役員会を開き、
元ホテル坪野跡地問題を審議。
その結果、現所有者に早急に地元との話し合いに着くよう要請した。
また、地元市議が同市に対策を申し入れている。
 これに対し現所有者は同月中旬、市役所を訪れ、敷地と建物を「市に寄付したい」と
申し入れた。しかし、建物は建築基準に合わないばかりか、解体費用だけでも、
二千五百万円以上かかり、市は断っている。
 現所有者は民間人にも譲渡を希望しているというが、同ホテル跡は魚津市中心部から
約十キロの山中。
周辺は、山沿いの水田で、目立った観光施設もなく、リゾート開発話が消えた
現段階では引き取り手はない。
 一部で、民間のリサイクル施設にしたいとする話が浮上しているが、流動的だ。

県警などによると、行方不明になっている氷見市内の会社員A子さんとスーパー店員の
B子さんは、新湊市の海洋丸パークで知り合った友達から、元ホテル坪野跡が
「肝試しの場所」となっていることを知らされている。
これまでの調べで、二人は、不明となる昨年五月五日以前にも一度、同ホテル跡を
訪れている。
このため、不明となった昨年五月五日も、同ホテル跡を目指していたと見られる。
 その日、スーパー店員のB子さんは、勤め先で懐中電灯の電池を購入。
アルバイト店員に「今晩、肝試しに行こう」と誘ったが、断られ、A子さんに電話している。
同日深夜、「今魚津市にいる」というメッセージを友人のポケットベルに送った二人。
その後の足取りは、何も分かっていない。 (おわり)
----------------------------------------------------------------------

512 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 2001/04/06(金) 10:15
1996年5月5日乗用車で家を出た当時十九歳の少女2名が行方不明になった。
県警などによると、行方不明になっている会社員A子さんとスーパー店員のB子さんは、
新湊市の海洋丸パークで知り合った友達から、元ホテル坪野跡地が「肝試しの場所」と
なっていることを知らされている。
これまでの調べで、二人は、不明となる1996年5月5日以前にも一度、同ホテル跡を
訪れ、不明となった日も同ホテル跡を目指していた。
その日、スーパー店員のB子さんは、勤め先で懐中電灯の電池を購入。
アルバイト店員に「今晩、肝試しに行こう」と誘ったが、断られ、A子さんに電話している。
同日深夜、「今魚津市にいる」というメッセージを友人のポケットベルに送った二人。
その後の足取りは、何も分かっていない。

*「某国に拉致された」「暴力団がかかわっている」などの噂あり。

http://piza.2ch.net/occult/kako/975/975591523.html



戻る

- mono space -